ひょうご木のすまい活動報告: 2003/07/23

■ 姫路モデル住宅地鎮祭

ひょうご木のすまいモデル住宅第1号になる「姫路モデル住宅」の建築が
スタートしました。姫路モデル住宅の地鎮祭に参加してきましたので、その
模様をお伝えしたいと思います。

姫路モデル住宅は兵庫県産木材を使ったモデル住宅第1号で、構造材は
兵庫県宍粟郡の山にある杉の木を使っています。
地鎮祭が始まる前に手を水で洗いました。 これは、「手水の儀」というそ
うです、よく神社で参拝の前に手を清めますが、これと同じく式の前にお清
めをするのですね。

地鎮祭はこの後、一同が祭壇の前に集まり司会者
の挨拶で始まり、修祓の儀、降神の儀、と順調に進
んでいきました。 右の写真は、四方祓の儀といい
敷地の四方に切麻を撒いて祓い清めます。
これはこれから始まる建設工事の関係者に禍をお
よぼさないようにする儀式だそうです。
地鎮の儀(鍬入れの儀)正式には刈始めの儀という
そうですが、掛け声をかけて盛土を鍬で崩します。
最後に直会という儀式で、御神酒で乾杯をして地鎮
祭の閉会です。
11月下旬の完成を目指して、工事関係者の方々よろしくお願いします。完成の際
には、オープニングセレモニーをおこないますので皆様是非ご参加下さいませ